TIMONE | ティモーネ

1934年に繊維機械製造として石川県で創業したカジグループは、この地の水資源が豊かな自然環境の中で、機械製造、糸加工、織物、編物、縫製を専門とするグループ各社と共にテキスタイル開発の技術を培ってきました。

徹底的にこだわった糸の加工技術を持ち、その技術を活かし長年培った知識と経験で作られる高い機能性としなやかな手触りのテキスタイルは、感性を刺激する生地として世界中から高い評価を受けています。TIMONEは、こうしたカジグループのテキスタイル開発の結晶として生まれた、合繊を主素材とするMADE IN JAPANのファクトリーブランドです。

「Journey(ある場所から別な場所への片道の旅)」をメインコンセプトに、合繊の軽くて機能性に富む特徴を最大限に活かした、快適でいてエレガントなアイテムを提案します。
人生を旅する全ての人に。

TIMONEのコレクション企画は、素材作りから始まります。合繊長繊維の糸の性質を見極めること。織り方・編み方でどういった機能の生地になるかを想定すること。また生地の表面にはどのような表情を与えたいか、検討すること。そんなプロセスを経て設計が完成したら、実際の織物に仕立てて試験を繰り返します。

繊維製造技術の進歩は早く、防寒衣類は10年前に比べて軽量化が進み、重衣料の重さは半分になりました。他にも汗を吸湿して発熱する糸や、接触冷感の生地、人工スエードなどの環境保全を考えた資材など、主に合繊の糸を使った生地が、衣料用途だけではなく様々な分野で開発され、身近な製品に使用されています。カーボンファイバーや人工血管なども、繊維製品です。機能性に富む合成繊維は耐えず進化を続けています。長年に渡り、進化し続ける合繊を研究している私たちは、近年の目まぐるしく変わる気候や環境に適応する高機能素材の開発と、その素材を使った製品作りに取り組んでいます。

TIMONEはイタリア語で、船の舵の意味です。
舵は、旅を象徴する言葉であり、自身の進路を導くキーアイテムでもあります。近世の「大航海時代」という言葉を世界史の授業で覚えた方も多いのではないでしょうか。多くの人々が帆船に乗り組んで世界中を旅した時代は、同時に、天文学が発展した時期でもあります。乗組員たちは、船上から月や星の位置を見て、海上での自分の位置を測り、進路を計算していました。ティモーネの新しいロゴとシンボルマークは、そんな船旅のイメージを投影してデザインされました。当時実際に使われていた計測具「天球儀」と「緯度計測器」をモチーフとしたシンボルマークには、進路を決めるナビゲーターという意味を込めてあります。

また、TIMONEのOの文字の斜めの線は、地球の地軸の傾きと同じ23.4度になっています。直角の90度からこの地軸の傾きの23.4度を引くと、66.6度。ロゴのエレメントは全てこの23.4度と66.6度で構成されており、数学的にも美しい比率です。ギミックをもう一つ。TIMONEのロゴのOの文字は、ほんの少し横に広がった楕円形になっています。これは地球が完全な球形ではなく、自転の遠心力で少し横に伸びた楕円になっていることから。世界を旅するビジネスパーソンに自由と快適さを…そんな思いを込めたデザインです。

 

 

TIMONE 商品一覧

 

Shop now