干場義雅著『色気力』11月20日全国一斉販売開始決定!

11月20日(金)MINIMAL WARDROBEにて発売開始‼️

MINIMAL WARDROBEでご購入頂いた方のみ、干場直筆サイン入りでお送り致します!!

 

1年ぶりに僕の7冊目の書籍が集英社文庫から出ます。その名も『色気力』。今回はいわゆる”ファッションの本”ではありません。性別問わず、誰しもが気になる人を惹きつける内面の魅力である色気の重要性、ファッション以前の人間的な大事な部分について迫りました。

色気があるとないとでは、仕事、遊び、恋愛など、さまざまな人生の局面が変わります。とはいえ、これと言った正解がない、捉えどころがないのが色気です。


異性を惹きつける性的な魅力が色気なのか? 
髪型や体型、メイク、ファッションなどの外見をセクシーにし、肌の露出を高めれば色気が出るのか? 
はたまた雰囲気や仕草、目の表情な色気が宿るのか? 逆に隠そうとすればするほど色気は溢れ出てしまうのか? 
上品な色気と下品な色気の違いとは?
男性が思う女性の色気とは? 
女性が感じる男性の色気とは? 
ダメな男や女にこそ、色気はもたらされるのか?
あの人は表裏あるの。それだけなら、ただの二面性。表と裏どころか、上下前後左右、斜め上に斜め下……数えられないぐらいいくつもの表情。成熟と未熟、完璧と欠落、緊張と緩和、勤勉と休息。言うならば多面性。いろいろな側面や表情を持っていること。それは、人間的な幅の広さもあり、その人の魅力。魅力的であることは、性別問わず、人を惹きつける力があるということ。そう! すなわち「色気力」。

この人ってどういう人なの? 一体いくつの顔を持っているのかしら? 知ろうと思うほどに、謎は深まり、ますます興味が湧いてくる。一生かかっても知り得ないミステリアスな部分も隠しているかも知れない。

いろいろな経験してきたけど、まだまだ辿り着けない「色気」。本書では、過去の失敗やコンプレックスを乗り越えながら学んだ「色気力」の正体に迫ります。


巻末には、和文化総合プロデューサーであり、上品な佇まいからそこはかとなく『色気力』が溢れる美人エッセイストでもある森 荷葉さんとの対談「男と女の色気」もあります。お楽しみに! 

あなたの基本を作り、周囲の人を心地良くさせるコツを紹介します。急速に変化する対人関係の在り方のヒントが満載の一冊です。ありがたいことに発売前から全国から沢山の問い合わせをいただいております。ぜひ大人の男女に読んで頂けると幸いです。

MINIMAL WARDROBEでお買い上げの方にはサイン入りでお届けいたします。

発売開始まで、もうしばらくお待ちください!

Shop now