Pantofora d'Oro

1886 年創業。イタリア中部のアスコリという街のローカルサッカーチームにスパイクを供給、選手たちの足元を支えたことから、130 年以上という長いPantofola d'Oroの歴史はスタートします。その後、実戦の場で培われたスパイク作りの技術とクオリティーの高さが評判となり、1950 年代にはイタリアの名門サッカーチーム(ユベントス)で活躍した伝説のプレーヤー、ジョン・チャールズの足元をサポート。

彼はパントフォラ・ド-ロのスパイクを履き、「これはスパイクではない、黄金のスリッパだ!」と称え、この一言がブランド名の由来となりました。

Recently viewed