Cuervo y Sobrinos

1882年、ラモン・イ・クエルボはハバナでも一流ショップが集まるキンタ通りにLa Casa(ラ・カーサ)という高級時計宝飾店をオープンする。兄弟達が経営を手伝い始め、後に店名を“クエルボとその甥達”という意味である「クエルボ・イ・ソブリノス」(以下CYS)に変更、事業は次第に拡大した。

20世紀末、長い眠りから“発見”されたCYSは、2002年、本格的にブランドが復活。現在はスイスのルガーノを拠点に、当時のスケッチ、デザインからヒントを得ながら、かつてのモデルに独自のタッチを加え、新たにハバナテイストを基調としたエレガントなモデルを生み出している。

Recently viewed