ネプチュニアン オートマティック – MINIMAL WARDROBE(ミニマルワードローブ)   
Skip to content

EDOX

ネプチュニアン オートマティック

在庫販売:ご注文確認後1~5営業日内にお届け
$1,948

商品ご注文時の同意事項


  1. 発送に関するご案内
    商品発送は各ブランド毎となります。複数ブランドをまとめてご注文の場合、別便でのお届けになります。なお、同じブランドで在庫品と予約・受注品を同時にご注文の場合、予約・受注品が仕上がり次第、まとめての発送となりますので、別送をご希望の場合は、別々にご注文ください。

  2. 配送先の変更について
    入力間違いや転居等により配送先の変更が必要な場合、商品発送後にお客様ご自身で配送会社にお送り先の変更をご依頼ください。※別途転送料が掛かる場合がございます。
    もしくは、ご注文完了後1時間以内であれば、ご自身でご注文をキャンセルし、正しいご住所でお買い直しくださいませ。
  3. 海外発送不可商品
    海外への発送はお断りしております。
    This products cannot be shipped overseas.

同意事項を下までスクロールして内容確認後、チェックしてください

スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック*」を、さらに進化させた最新作。 

スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」はエドックスの歴史的ミリタリーウォッチを復刻させたコレクション。誕生のきっかけは、エドックスの工場書物庫で「スカイダイバー」のデザイン画が、偶然発見されたことでした。

長い期間、公にされることのなかったそのデザイン画は、当初、詳細がまったく不明。「1973/特別限定品」という文字が書かれているだけで、それ以外の情報を見つけることができませんでした。しかし長年エドックスで働いていた時計職人の証言などにより、その時計のことが徐々に明らかになっていきます。

そもそも「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」は、スイス軍のとある大佐が極秘でエドックスに開発を依頼した軍用ウォッチがその始まり。大佐の部下である精鋭パラシュート部隊の隊員たちが使用するための、陸・海・空のいかなる過酷な環境下でも使用可能のタフでハイスペックなモデルをオーダー。空から海まで活用できることから「スカイダイバー」と名付けられたのです。

その「スカイダイバー」を、エドックスの創業135周年である2019年に復刻。2020年には、よりヴィンテージなデザインの「スカイダイバー ミリタリー リミテッドエディション」も登場するなど、バリエーションを拡大。そして2021年に登場した進化モデルが「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」だったのです。

「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」の大きな特徴は、ブランド史上最大深度である1000m飽和潜水用防水の高性能を備えたプロフェッショナルダイバーズウォッチであること。モデル名の「ネプチュニアン」とはローマ神話の海の神である「ネプチューン」のこと。裏蓋にはネプチューンの姿が描かれ、高性能ダイバーズとしての力強さを表現しています。

よって「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」は、防水時計の歴史と伝統を長く持ち続けているエドックスにとって、ブランドを象徴するモデルということができる。まさにエドックスのフラッグシップモデルなのです。

そして「ネプチュニアン オートマティック」は、前記したとおり、「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」のさらなる進化モデル。ステンレススティール製のブレスレットのコマが、これまでよりも厚くされ、剛性を高めたのが特徴。ブレスレットの重量が増したことで、よりバランスがよくなったのも長所です。

また、モデル名が示すように「スカイダイバー」とは別の「ネプチュニアン」というコレクションに独立したのも大きな特徴。ダイヤル6時位置の文字も「NEPTUNIAN」だけの表記にされました。

*現在は「ネプチュニアン オートマチック」の名称に統一されています


1973年の誕生、というと、僕と同い年。何だか運命を感じて「ならば買わなきゃ」なぁんて思ってしまいますね(笑)。

2022年の新作は、これまでの「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」から、「ネプチュニアン オートマティック」に名前が変わったのが特徴。ブレスレットのコマが厚く頑丈に進化。ブレスレットの重量が増したことで、よりバランスがよく、着け心地がよくなったのも長所です。

そして新作は、ネイビーダイヤル×ネイビーベゼル、ブラックダイヤル×グリーンベゼル、の2つの新しいカラーになったのが注目点。

ネイビーは僕の大好きな色で、イタリア男はヨットに乗るときにネイビーブレザーにホワイトパンツで、海の青と波の白を表したりする。そんな洒脱な着こなしに、ネイビーのダイバーズはピッタリとフィットしますね。

また、グリーンは2022年のファッションシーンで大注目の差し色。だからこのグリーンベゼルのモデルも上手に着けこなすと最高にお洒落に決まる。ブラックダイヤルとの組み合わせというのも、シックな感じでいいですね。

Written by Yoshimasa Hoshiba

第134回目のMINIMAL WARDROBEチャンネル(@MINIMAL WARDROBE )は、時計コレクター福田さん登場!今1番お勧めしたいEDOXの魅力とは?

ロック福田さんが今もっとも注目している時計EDOXをご紹介!
時計マニアとしても名高い福田さんが今回選んだのはコスパ&タフネスの代名詞EDOX。今回福田さんが紹介する気になるアイテムとは…??

MINIMAL WARDROBEチャンネル Vol.134は>>こちらから

品番 80120-3BUM-BUF
カラー ブルー
ムーブメント 自動巻き(EDOX80、38時間パワーリザーブ)
機能 時針、分針、秒針、日付
サイズ 44㎜径、15.6㎜厚
ケース 316Lステンレススティール
ダイアル ブルー
ベゼル ハイテクセラミック(逆回転防止ベゼル)
防水性 100気圧/1000m
ストラップ 316Lステンレススティール

 

ご注文(返品・交換)について

配送について

お支払いについて

アカウント登録について

メルマガ登録について

上記に該当しないご不明点

You may also like

Recently viewed