1piu1uguale3

【受注終了しました】
第6弾
M-65 Field Jacket

¥85,000(+tax)
商品発送は各ブランド毎となっております。
複数ブランドをまとめてご注文いただいた場合、別便でのお届けになりますがお求め頂いた通り随時発送致しますので、ご安心ください。

受注期間終了しました

---------------------------------------

【期間限定予約受注販売】
期間:2021年2月17日(水) 12:00~2021年3月3日(水) 11:59
・こちらは完全予約受注生産商品です
・予約受注商品の返品交換はお断りしております
・ご注文時に商品代金全額お支払いを申し受けます
・2021年3月末~4月上旬頃よりお渡し予定です

【 M-65 FIELD JACKET 】 ミリタリージャケットの代表格と言っても過言ではない M-65 フィールドジャケット。古くは「タクシードライバー」のロバート・ デ・ニーロや「セルピコ」のアル・パチーノ、「ランボー」シリーズのシルベスター・スタローンから「キラー・エリート」の ジェイソン・ステイサムにいたるまで、常に映画の中のタフガイのイメージを象徴してきた武骨な男の相棒です。

M-65 (M-65 Field Jacket) は、アメリカ軍によって用いられた野戦用のジャケット。 米軍が開発した数多くのミリタリー・アイテムの中にあって30年近く採用され、他国の戦闘服にも影響を与えた最高傑作の一つです。 1965年に正式採用されたことから、下2ケタを取ってM-65フィールドジャケットと呼ばれています。ディテールとしてはナイロン混紡素材、スタンドカラー、袖口のベルクロとフラップポケットの仕様が特徴的です。様々なモデルが複数の会社によって製造され軍へ納入されており、デザインも無地のオリーブグリーンのみならず、ウッドランドパターン、デザートパターン、カモフラージュ 柄なども。軍への納入は終了しているが民間層でのニーズがあるため、アメリカ国内はもちろん中国などの工場でほぼオリジナルと同じスペックで製造されています。

最初期型ファーストモデルは 65~66年モデルとなります。当初M-1951まで付いていた肩のエポレットがありません。 肩エポレットを見慣れた者には、なで肩シルエットに見えます。しかし1年でデザインが変更されエポレットは復活します。 そのため短命の1st.モデルは、市場に出てくる玉数が少ないです。エポレット以外で、それまでのM-51フィールドジャケットからの 変更点といえば、コットン100%からコットン・ナイロンの50/50に変わった点です。コットン100%の生地は、色落ち、あたりが 出やすく、シミや汚れもつきやすいので、ナイロン混への変更は改善と言えます。デザイン面では襟がなくなり、スタンドカラーの中に簡易フードを装備。M-1951までついていた袖口カフス切替やボタンはなくなり、ベルクロを使ったM65独自のデザインになりました。 ウエストとすそ(ゴム入り)のドローコードでフィット性を高め、背中の両肩下にアクションプリーツをつけ動きやすくなりました。

66年から71年に生産されたもっとも広く知られているアルミジップと呼ばれるモデルが 2nd.モデルです。このモデルからエポレットが復活します。初期の頃は、首元のベルクロ止めフラップが、ボディと同じ生地でした。70年に入って、袖口のマチが、廃止になります。 このマチ部分が擦り切れ、小穴ダメージになりやすいので改善したのでしょう。68年(3rd.期だと72年)コントラクトにグレー色裏地のものがあります。グレーライナー、グレーライニング、グレライなどと呼ばれています。この裏地がグレーの個体も、生産年数が少ないので探されている方もいます。3rd モデルや 4th モデルなどもあり、年代ごとに仕様変更を繰り返しながら多種多様な進化をし、いまだに人気の高いモデルとして評価も高いです。

【 MATERIAL 】帝人が開発する SOLOTEX 素材で編み上げられたカットソー素材です。 SOLOTEX とは、従来のポリエステル、ポリウレタン、ナイロンでは表現できなかった、ソフトな風合い、ストレッチ、 発色の良さ、ソフトなクッション性…。「ソロテックス」の数々の特性は、しなやかなバネのような、らせん状の分子構造から 生み出されます。さらに他の繊維とも複合しやすく、相手となる繊維の特性を活かしながら、新たな感性や機能性を加えることが可能です。「ソロテックス」は、あらゆるものの着心地や使い心地を快適にする、無限の可能性を秘めた繊維です。

今回採用した素材は、46G という超ハイゲージの糸で編んでおり、カットソーでありながらその高密度具合から布帛のような質感を 表現しています。キックバック性に優れ、天然素材に近い肌触りから着心地も抜群。しなやかでマットな質感とソロテックスの豊かな発色性が成せる、深い黒が大人好みに製品のレベルを引き上げます。

【 DETAIL 】 表地のストレッチ性を活かし、着心地を損ねないように裏地にもストレッチ性の高い生地を採用しています。 フード部分の構造は工程が多く、単に収納されたフードというだけに収まらない複雑さです。土台布からフード本体に至るまで、 機能的にデザインされた仕様は、全体が薄手の生地を使っていながら自然に衿が立体的に立つように設計されています。 ミリタリーに端を発する M-65 から日常を意識してモディファイした仕様(袖口、ハンドポケット等、細部に至る)は、ある種の サスティナビリティ(日々、使い続けるため)を体現しています。 表地の風合いを活かす為に裏地もストレッチ素材を採用しており、非常に動きやすく、軽い仕上げになっています。

本水牛釦 原産国は主に東南アジアやインド。水牛の角は種類によって色が変わり、基本色は黒ですがベージュ系や茶系もあり、天然物で貴重な高級品です。水牛釦は非常に耐久性もあり長年使用しても変色しにくく、プラスチック釦とは違いボタンの削り出し穴あけ等、 職人の手作業によって作製しています。削り出し釦にロゴを深く刻印したオリジナルです。

1903年、世界で最初にスナップ釦を世に送り出した老舗メーカー<Fiocchi>。欧米の高級小物(かばん、財布、ベルトなど)にスナップが使用される場合、Fiocchiの刻印がそのクオリティを保証していると評されるほど。80年代にドイツのPrym社に買収されますが、弊社提携工場が当時のFiocchiの在庫を買い占めた事で、今回も採用したのは本物のボタンFiocchi ITALYの刻印入りです。

Product Code MRB488_NYU040
Color 99 (Black)
Composition 100% Polyester / 100% Polyester 
Notes


サイズ表記

3 4 5 6 7 8
着丈 72 74
76
78
78
80
肩幅 45
46.5
48
49.5
52.5
54.5
胸囲 105
109
113
117
123
129
ウエスト 100
104
108
112
118
124
裾回り 110
114
118
122
128
134
袖丈 62.5
64
65.5
67
67 68.5
袖幅 19.2
20
20.8
21.6
22.6
23.6
袖口幅 13
13.5
14
14.5
15
15.5

(単位:cm)

サイト利用規約

株式会社グロウスアソシエイツ(以下、「当社」といいます)がインターネット上で運営するMINIMAL WARDROBE(以下、「本ウェブサイト」といいます。)は当社又はその代理人が運営しています。本ウェブサイトをご利用することをもって、この利用規約(以下、「本規約」といいます)にご了承いただいたものとみなされます。
なお、当社は予告なく本規約を変更することがありますので随時、最新の内容をご確認願います。 また、本ウェブサイトからストアカート及び各種SNSへリンクされておりますが、当該サービスをご利用いただく際には、その中に掲げられているご利用条件にもご同意いただく必要がありますのでご注意ください。

1. 利用者、会員の定義
(ア)本規約は、当社が利用者個人を特定できるか否かにかかわらず、本ウェブサイトを利用するすべての人を利用者とします。
(イ)利用者の中で、別途会員規約に同意し所定の手続きにより会員登録を行った方は、会員として、本ウェブサイトが提供する会員のみを対象とした各種提供サービス等を利用できるものとします。

2. 知的財産について
(ア)本ウェブサイトに掲載された全ての内容(文章、写真、映像、音楽を含みますがこれに限りません)に関する著作権、その他知的財産権は当社に帰属するか、又は当社がライセンスその他正当な権原にもとづき使用するものです。当社又は各権利者の許諾なしに自らの個人利用目的以外に利用したり、ネットワークの内外を問わず、複製、公衆送信、頒布、改変、切除したり、お客様のウェブサイトに転載することを禁止します。
(イ)本ウェブサイト及び本ウェブサイト上に掲載している個々の商標・標章・ロゴマーク、商号に関する権利は、当社に帰属し、又はライセンスその他の正当な権原にもとづき使用するものです。これらを当社又は各権利者の許諾なしに使用等する行為は商標法等で禁止されています。ご利用を希望される方は、当社又は各権利者に許諾を得ていただくようお願いします。

3. 免責事項
 当社は本ウェブサイトに掲載されている内容について、その正確性、有用性、確実性、安全性、その他を常に保証するものでなく、本ウェブサイト及びその掲載内容は予告なしに変更又は削除される場合があります。また、本規約に特段の定めがある場合を除き、理由の如何にかかわらず、掲載内容の誤り、変更若しくは削除、又はシステムの不具合・故障、第三者による本ウェブサイトへの侵入、および商取引上の紛争、もしくは本ウェブサイトの運営停止等によって生じるいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。

4. 禁止行為
 本ウェブサイトのご利用にあたって、次の行為(それらを誘発する行為や準備行為を含む)を禁止します。
(ア)当社及び当社の関係会社または第三者に不利益、損害を与え、又は与えるおそれのある行為
(イ)当社及び当社の関係会社の製品・サービスを誹謗(ひぼう)・中傷する行為、又はそのおそれのある行為
(ウ)当社及び当社の関係会社の役員または社員を誹謗(ひぼう)・中傷する行為、又はそのおそれのある行為
(エ)公序良俗に反するなど、当社の信用、品位を損なう行為、又はそのおそれのある行為
(オ)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
(カ)日本国またはご利用の際に利用者が所在する国・地域の法律、法令もしくは条令に違反する行為、又はそのおそれのある行為
(キ)当社及び当社の関係会社と何らかの提携または協力関係にあるものとの誤認を生じさせ、または当社がリンク元のサイトを認知、保証、支持もしくは推奨しているとの誤認を生じさせる行為、又はそのおそれのある行為
(ク)フレームリンク等、本ウェブサイトの明確性が損なわれる形のリンクを行う行為

5. リンクについて
(ア)本ウェブサイトは、営利、非営利を問わず、本ウェブサイトに定める全てのご利用条件に従っていただくことを条件に、リンク (雑誌・書籍の出版物等への本ウェブサイトURLの掲載も含む)していただくことが可能です。ただし、以下の内容が含まれるウェブサイトからのリンクを貼ることはできません。
 (1)公序良俗に反する内容
 (2)諸法令に違反する内容
 (3)当社(関係会社を含む)又は当社の関係者を誹謗中傷する内容
 (4)その他当社の企業価値を毀損すると客観的に判断できる内容
(イ)利用者が本ウェブサイトにリンクを貼る場合、利用者はリンク先のページが、予告無く変更及び削除される可能性があることをあらかじめ承諾するものとし、ページの移動や消去などによって発生したいかなる不利益に関しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
(ウ)各リンクサイトは、それぞれのサイト運営者の責任で管理、運営されるもので、当社の管理下にあるものではありません。当社は、各リンクサイトの内容について、またこれらのご利用等で生じた第三者からの損害賠償を含む一切の損害、苦情その他いかなる請求について責任を負わず、また、本ウェブサイトへのリンク、又は本ウェブサイトからのリンクという事実は、当社がリンクサイトのご利用や、リンクサイトに掲載されている商品、サービス、会社等を認知、保証、支持もしくは推奨するものではありません。

6. 個人情報について
 本ウェブサイトの一部において、利用者に必要な個人情報を入力いただく場合があります。当社は、入力された個人情報を「個人情報保護方針」に従って適切に管理します。

7. クッキー(Cookie)について
(ア)本ウェブサイトでは、お客様の利便性向上、本ウェブサイト改善のための閲覧状況の統計的な把握、お客様への最適なサイト表示、および広告の配信のため、クッキー(Cookie)を使用しています。クッキーとは、ウェブサイトの運営者が、お客様がお使いのブラウザを他のブラウザと識別し、お客様にあったコンテンツや広告を表示したりするために、お客様がご利用の端末に保存されるファイルのことです。当該クッキーを通じて収集する情報には、メールアドレスや氏名などの「個人を特定できる情報」は一切含まれません。また当社は、クッキーに保存された情報を、閲覧状況の統計的な把握、お客様への最適なサイト表示、分析、および広告の配信以外の目的で使用することはありません。
(イ)当社は、当社の広告配信を業務委託している第三者との契約内容に基づき、第三者に対してクッキー等で収集した情報の全部又は一部(個人を特定する情報は一切含まれません)を開示する場合があります。この場合、当該第三者は、本ウェブサイトでご覧いただいたページ履歴情報等を利用し、お客様にご興味・ご関心を持っていただける当社の広告を、広告ネットワークに登録している当社以外のウェブサイトでも表示することがあります。このような広告配信の停止をご希望の場合、広告配信会社のウェブページにて設定を変更することができます。

8. 動作環境について
 本ウェブサイトを利用される場合には、Internet Explorer、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safariの最新版を推奨します。お客様がご利用される端末の設定や、一部のブラウザ、アプリケーションでは、意図しない表示になることがあります。

9. 準拠法、管轄裁判所
 本ウェブサイトならびに本規約の解釈および適用は、日本国法に準拠します。また、本ウェブサイトに関わる全ての紛争については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

You may also like

Recently viewed