干場のデザイン原案を製品化2way リモートショルダー ブラック – MINIMAL WARDROBE(ミニマルワードローブ)   
Skip to content

Cisei

干場のデザイン原案を製品化
2way リモートショルダー ブラック

$748

予約販売商品に関する同意事項


  1. ご決済について
    ご注文時に商品代金全額お支払いを申し受けます。

  2. 発送に関するご案内
    商品発送は各ブランド毎となります。複数ブランドをまとめてご注文の場合、別便でのお届けになります。なお、同じブランドで在庫品と予約・受注品を同時にご注文の場合、予約・受注品が仕上がり次第、まとめての発送となりますので、別送をご希望の場合は、別々にご注文ください。

  3. 配送先変更について
    入力間違いや転居等により配送先の変更が必要な場合、商品発送後にお客様ご自身で配送会社にお送り先の変更をご依頼ください。※別途転送料が掛かる場合がございます。
    もしくは、ご注文完了後1時間以内であれば、ご自身でご注文をキャンセルし、正しいご住所でお買い直しくださいませ。

同意事項を下までスクロールして内容確認後、チェックしてください

価格改定に関するお知らせ

こちらの商品は2024年3月1日(金)から93,500円(税込)→ 110,000円(税込)へ価格改定いたします。

【Cisei× Yoshimasa Hoshiba】
干場とのコラボ作品。コロナ禍によるライフスタイルの変化へのニーズを共に考え、干場がスケッチをした原案を実現化。リモートで煮詰めながら、商品化にたどりつきました。

新しい生活様式の中で、ミニマルなスタイルを追求しつつ、Cisei の優雅な世界観を表現した仕上がりに。

スマートフォンや財布、キーケース、ハンドタオルに除菌用アルコール、そしてマスクなど、今の世界で携帯の必要な最低限のものたちのサイズを計算し、大きく開き中の見やすいシンプルな一室構造、その小ささを使い辛いモノにしないため、大胆にもポケット類は一切排除。左右5段回、計10段回の長さが調整可能なストラップは、肩部分のみ負担を減らす幅広デザインにしました。

素材の持つ質感を大切にするがテーマの一つでもあるCisei では、内側にも革素材を施すのは通常ですが、今回は贅沢に内側にも全面カーフレザーを使い、その素材感は柔らかな外見を生み出すことにも一役買っています。

MMW 限定バージョンは干場の拘りにより、通常はラインナップされることのないメタルがシルバーの仕様になっています。


今回の商品企画経緯には、干場も熱い想いがあり、またご協力くださったCisei大平氏も、コロナ禍でやれる最大限の事、今まで経験した技術をすべて今回の商品に注いでくださいました。
商品企画までの経緯をページにまとめましたので、是非こちらもお時間のある時にご覧ください。
>>>ページを見るにはこちらをクリック

■素材
表側、裏側ともにWLS カーフレザー(牛革): 上品な型押しで、かつ柔らかいクロムレザー。傷がつきにくく、取り扱いやすい素材です。

Cisei公式オンラインショップでは、金具の色がゴールドの商品や、表革素材を変えて、色バリエーションの展開もございますので、是非ご覧ください。
Cisei公式オンラインショップはこちら
【ニューノーマルな時代にふさわしいバッグとは?】

「Cisei(シセイ)」は、2006年に日本人デザイナーの大平智生さんがフィレンツェを拠点にスタートしたバッグブランドです。大平さんは、建築や都市開発、ランドスケープデザインを学ぶためにイタリアに渡ったのですが、途中で方向転換。皮革工芸に興味を持ち、独立前は名門革工房で修業を積みました。

大平さんは僕と同じ渋カジ世代だったこともあり、出会ってすぐに意気投合。ファッションの本場イタリアで、真摯にものづくりに取り組む姿勢は、いつも僕に刺激と勇気を与えてくれます。ところが、全世界を襲ったコロナ禍の影響は、日本以上にヨーロッパでは深刻で、Ciseiも例外ではなかったようです。

愛するイタリアに恩返ししたい、異国で頑張る盟友の力になりたい。言葉にすると大袈裟になってしまいますが、僕にできることがあればすぐに行動に移したい、と思ったのが今回のコラボレーションのきっかけでした。

デザインの出発点は、ごく私的な不便を解消したいという思いから。僕は外出時、できることなら手ぶらで出かけたいタイプなのですが、そう言ってもウィズ・コロナのニューノーマルな時代では、最低限携帯したいものがあります。そこで、それらのサイズを綿密に計算し、全部を入れたらこれくらいの容量になるよね、というのが大平さんへの最初のリクエストになりました。

素材は型押しのカーフレザーで、かなり軽量です。ヘビーローテーションで日常使いしても、傷つきにくく、取り扱いしやすいことにもこだわりました。また、コンパクトなサイズなので、あえてポケット類は排除して、開いたときにどこに何があるのか見やすいようにしました。というのも、昨今のバッグは機能性を追求するあまり、仕分けできるポケットを装備する傾向にありますが、実はそれって使いにくいのでは、という疑念がありまして……。どこに何を入れたか忘れちゃうんですよね(苦笑)。

ストラップの長さを調整可能にして、取り外してクラッチとして使えるようにしたのも、幅広い用途を見越してのこと。ジャケットスタイルにはもちろんですが、カジュアルな格好で近所にちょっとゴハンに出かけるときにも重宝します。MINIMAL WORDROBEでは色を黒だけにしたのも、僕の好みです。

ちなみにこの製品は、通常バッグの制作過程ではあまり用いない木型づくりから始めました。というのも前述した通り、携帯したいもののサイズを計測し、それが全部入るということが起点になったため、いつもより手間と時間のかかる方法になってしまったのです。大平さんにはかえってご苦労をかけてしまいましたが、だからこそたどり着けた完成度。リモートでやりとりしてここまでできるとは、僕自身、正直驚いています。

Written by Yoshimasa Hoshiba

毎週水曜18時更新のMINIMAL WARDROBEチャンネルのVol.17で干場がなぜこのバッグをCiseiに制作依頼したのか?詳しく説明しております。
また、イタリアから一時帰国していた大平さんに本来であれば、ゲスト出演頂きたかったのですが、コロナの自宅待機期間中の収録で残念ながらワイプでの出演となりましたが、大平さんのから直接お話を伺える大変貴重な回になっております。是非ご視聴ください。
Youtubeを見る>>こちらをクリック
    品番 1243_WLS_Nero_S
    カラー ブラック
    素材
    100% カウレザー
    サイズ W21.5×H14×D8cm / 270g
    生産国 イタリア
    Notes マグネットボタン式開閉

     

    革製品のお取り扱い上の注意

    革の性質上、アルコール除菌スプレーやシートなどアルコール類の多少の付着でも、変色や革が傷む原因となりますので、ご使用の際にはくれぐれもご注意ください。

    ご注文(返品・交換)について

    配送について

    お支払いについて

    アカウント登録について

    メルマガ登録について

    上記に該当しないご不明点

    You may also like

    Recently viewed